進路別講演会
特徴
この説明会に関しては、形式と言うものが存在せず、ご希望通りの内容やいろいろな時期に自由に実施が可能です。
特にタップスタッフで実施が可能なものが多く、予備校のチューター経験者や専門学校に詳しい者がいるので生の本当の話ができるのが特徴です。
分野別説明会・模擬授業や学校説明会の前に系統別説明会として実施することも可能で、その後の各説明会に際しての注意事項などや話を聞く態度なども指導できるのはタップだけです。
目的
  • 高校生に早い時期から卒業後の進路について考えさせ、有意義な高校生活を意識して送ることができるようにする
  • 進路を考えるにあたり、最終的に結論を出すきっかけを与える
  • 高校外部からの講師により普段より緊張感を持たせることには大きな意味があり、たるみがちな時期に一種のカンフル剤としても導入できる
※内容は柔軟に対応可。
対象
全学年及び保護者対象
実施時期
  • 1年生 2学期
  • 2年生 夏休み前・年末・3学期
  • 3年生 4月・7月
  • 保護者 保護者会実施時期
※勉強合宿時やイベント前にもその内容により柔軟に実施可能 ※どの時期にも対応します
実施までの期間
実施当日の2週間前
※できれば1ヶ月以上あれば細かい打ち合わせが可能
内容
1コマ 30分から1時間30分程度を予定しています。 【大学編】
  • いろいろな予備校から講師派遣ができ、タップスタッフでも対応可能
  • 最近の大学入試状況や入試制度の説明
  • 大学合格のため勉強方法や心構えも教えます
【大学編】
  • 専門学校に精通しているタップスタッフによる講演が多い
  • 失敗しない専門学校の選び方を伝授
【就職編】
  • 就職や公務員の分野を持つ専門学校から講師派遣
  • 実際に働いている人を講師として派遣も可能
  • 高校卒業後の現状や就職状況の説明
【看護系】
  • 看護大学・看護の専門学校や看護予備校などから講師派遣
  • 看護の現状やその対策などの説明
  • 看護以外の医療系の講演も可能
  • 大学・短大・専門学校卒業後の状況なども説明
  • 挨拶からお辞儀などの指導や、面接・小論文の指導も実施
【その他】
  • 内容は高校のご要望により変更可能
※大学だけ、専門学校だけでも実施可能